エンジニアの生産性を245倍にする脅威の時間管理術「ポモドーロテクニック」とは


829950_12188689

ポモドーロテクニックって知ってます?

d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DD%A5%E2%A5%C9%A1%BC%A5%ED%A5%C6%A5%AF%A5%CB%A5%C3%A5%AF

集中して仕事をこなすために、25分毎に時間を区切って仕事をする時間管理術。Francesco Cirillo氏が1992年、自身の勉強効率を上げるために考案した。

手順

1. 25分を1ポモドーロとし、やるべきタスクを1ポモドーロ刻み(25分毎)に分ける。
2. 25分間は、他の事は一切やらず、タスクに集中する
3. 25分経てば、5分間の休憩を入れる
4. 4ポモドーロ毎(2時間毎)に30分程の長い休憩をとる
5. 後は上記を繰り返す

大体なんとなくわかったかと思いますが、25分集中・5分休憩というサイクルを繰り返すことでメリハリをつけて集中力アップするということですね。

エンジニアとかデザイナーとかクリエイティブな仕事をする人に向いているとかなんとか聞いたことあります。

1ヶ月くらい毎日ポモドーロした結果wwwwwwww

というかこのブログ書いている間もやってるけど。

やってみてわかったこと

  • FacebookとかTwitterとかうっかり見ちゃうことが減る
  • タスクを区切りやすくなる
  • ハマったときとか少し冷静になれる
  • 見積もり単位になる
  • 肩こり治療にいい
  • 他の人とコミュニケーションとりづらくなる

FacebookとかTwitterとかうっかり見ちゃうことが減る
仕事の連絡をFacebook上でやりとりすることも多いので、Facebookを開くことが多々あるのですが、TOPに友達の投稿が表示されるので、うっかりなんとなく読み始めてしまうことがよくあります。

でもポモドーロ中だったら「Facebook読むなら5分の休憩時間にしよう」という意識が働くのでパパっと頭を切り替えて本来の目的に戻れます。

タスクを区切りやすくなる
「○○について調べる」っていうタイプのタスクって「どこまでやったら終わり」っていう基準がなかったりするじゃないですか。そうすると、調べているうちに細かい点を掘り下げすぎちゃったりして気がついたら1時間くらい調べてたりすることあるじゃないですか。

何かを調べていたはずなのに、気がついたら近所のおいしいラーメン屋情報をブックマークしていたなんてことは誰もが経験のあることですよね。

ポモドーロすると25分で一区切りなので「25分間調べる」という風に取り組めるようになるのでダラダラと調べ続けてしまうことがなくなります。

他にもコードレビューをするときも深追いすると延々時間かけてしまいがちなので、最近は毎朝コードレビューを1ポモドーロ、ディスカッションを1ポモドーロという単位で実施してます。これ結構いい感じ。

他の人とコミュニケーションとりづらくなる
25分間は可能な限り集中力を途切れないようにやらないといけないので、自分の場合イヤホンで音楽聞きながらやってます。なので他のメンバーからは話かけづらい感じになります。

この点についてはポモドーロを始める前から懸念していたことなんですが、今のところ何か用があるときはチャットで話かけてもらうように依頼しています。隣に座っている人からチャットで話かけられるのはちょっと可笑しい。今のところこれで問題は発生してない。

次の試みとしては全メンバーでポモドーロするという案もあがっています。最近弊社のポモドーロ熱が加熱していて煮込んで調味したらパスタソースにも使えそうな勢いです。

ポモドーロするなら245cloud

ポモドーロをしたい場合、物理タイマーだったり、タイマーアプリだったり、いろんなツールがあるんですが、イチオシは245cloudというサービス。

245cloud.com

screenshot

普通のタイマーを使ってもいいんですが、その場合たぶん生産性が通常の3倍くらいにしかならないと思います。ところがこの245cloudを使うと、赤い人もビックリの生産性245倍くらいになります。

※個人の感想であり、効能を確約するものではありません

この245cloudでは、1ポモドーロが24分間+5分間なんですが、5分間の間に245cloudユーザーと交換日記(チャットみたいな)が出来ます。なので、特に一人で作業していることが多い人は、自分以外にも頑張って作業している人達が見えるので、なんとなく自分も頑張ろうという気になれるのです。たぶん。

ポモドーロ一度お試しあれ。